株式会社 ITメディア社 HOME
会社概要LEDディスプレイLEDビジョンレンタルデジタルサイネージリンク
   

レンタル用LEDディスプレイの選び方


世界のLEDディスプレイの大半は中国で生産されています。
中国には2000社以上のLEDディプレイ会社があり競合しています。
中国製は粗悪品も多く取扱いも難しい商品です。
工場はOEM製造が中心で知識がないと購入が難しい商品です。
しかし中間業者や大手家電メーカーが入ると数倍にもなってしまいます。
以下の内容を参考に良いメーカーの商品をご選択下さい。



ピクセルピッチ(単位mm) 

ピクセルピッチとは1ドットの中心から次のドット中心までの幅を言います。
映像は光3原色RGBで構成されているので、この固まりが1ドットとなります。
商品は1mm幅〜100mm幅まである。数値が小さければ高画質となる。
LEDディスプレイ価格のほとんどがLED球と構成ドライバーなので、
このドットピッチにより大きく価格の差がでる。
ITメディア社では横200ドット以上が映像として必要な画質とし
640ドット以上がハイビジョン、1920ドット以上が4k相当としている。
又アニメ画像やイメージ映像などでは大きなドットピッチでも表現できるので
ディスプレイの価格を下げることができる。
お問い合わせ 
 LED販売  LEDレンタル

LEDランプ

青色LEDランプは日本で開発した。現在ではアメリカ、台湾、中国製品が主流でもある。
ディスプレイランプには砲弾型「DIP個別ランプ」とRGBチップがまとまった「SMD」がある。
DIPは明るく大きなドットで防水性が高く屋外向きである。(6000nit以上)
SMDは混色や視野角が良く室内向きだが輝度が低い、
近年、DIPを活用した明るい6mm以上の屋外向けも出てきた。
特徴(メーカー)
●日亜化学(日本):国内では最高級パネルにて供給。ランプ単体の販売はしていない。
          中国にも日亜の生産工場がありランプ単体で供給をしている。
●CREE(アメリカ):日亜より安価で出荷数が増えている。ディスプレイでは最多数の出荷。
          自然色に近く不良率も日亜と同等レベルである。出荷率は世界No1
●Slian(中国)  :価格は安価で近年品質も向上し、チップでの供給もしている。
          (大きな工場ではチップを購入し自社製のLEDランプを製造している)
          日亜やCREEに比べると不良率が多少高くなる。
中国製品は、この3社の活用が多い。他にも多々あるが、
この3社はブラックライト*を製造している。
価格差は中国を1とした場合、アメリカが約2倍、中国日亜は約3倍、
日本製のパネルはとても高価である。
LEDランプは素子まで選択可能で粗悪品はすぐ錆びてしまうので屋外は注意が必要だ。
良いランプは大量に購入できる会社が有利で色や視野角などが揃えられることが重要である。
販売時ランプ部品の明記が無いものは注意が必要。
お問い合わせ  LED販売  LEDレンタル

●キャビネット(鉄・アルミ・プラスチック・FRP)

LEDディスプレイには用途に合わせ箱形状が異なります。
特徴
●広告用  :ビルの壁面や柱に取り付けるディスプレイ
       防水に優れ硬くさびない金属が使用される。
●レンタル用:少ない時間で組み立て撤去ができる。
       倉庫スペースを有効に薄型、軽量、小型が中心である。
●ステージ用:カーテン式でプラスチック軽量が主流である。
       柔軟形状で折りたたみ可能な商品である。
●スポーツ用:広告と競技に合わせ多様なタイプがある。
       バナー用はレンタル用も兼ねている。
●交通用   :オーダーでキャビネット寸法や専用パネルを供給。
       防水や耐久性、明るさが重要になる。
お問い合わせ  LED販売  LEDレンタル

●明るさ(単位nit/cd/u)

LEDディスプレイには用途に合わせ、明るさを選択できる。単位はnitsやcd/uで表す。
nitとcdは、ほぼ同じ値である。500〜5000は室内、5000以上は屋外対応としている。
人は太陽や照明の反射て物を見ている。
この明るさをディスプレイで実現できるのはLED光源になる。
1000cd/u以上あれば屋外でも見える。しかし太陽光の反射光は5000cd以上あり、
瞳孔がしまる屋外では暗い映像に見えてしまう。
又直日があたる画面では6000cd以上必要でありLEDの密集率も重要になる。
明るさは電力の違いでもあり、見やすさは照度をコントロールすることも重要である。
*ブラックライトとは電源OFFの状態で表面が黒に見えるLED球ことを言う。
これによりコントラスト比が高くなり、黒が締るが明るさが下がる。
当社屋外製品では、明るさを変えず黒の部分を増やし高輝度ブラックLEDを販売している。
お問い合わせ  LED販売  LEDレンタル

●LEDドライバー(日本・台湾・アメリカ・中国他製品がある)

LEDドライバーはディスプレイを構成する重要な部品である。
●構成 :1つのドライバーで何個のLED球をコントロールするかで
     キャビネットの構成が決まる。1/8/・1/16などで表示される。
●周波数:リフレッシュレートが低いとちらつきが多い。
     テレビ局(再撮)での仕様は2000Hz以上が必要である。
●電力 :LEDランプを光らせるドライバーは
     省エネタイプを選択することが望ましい。現在数年で半減している。
●選択 :数種類のチップがOEMで選択が可能。
     使用条件や時間、場所などで選択し価格を調整できる。
販売時にドライバーの明記が無い会社は粗悪品が多い。
お問い合わせ  LED販売  LEDレンタル
 
●各種補正回路

LEDランプは製造時の原料、温度、湿度などで発色が変化する。同じロッドでの構成が望ましいが、レンタル商品では、追加購入やクロスレンタルなど他社と合わせて使用する場合もある。ロッドの違うパネルを使用する場合に個別に発色を合わせる必要がある。メーカーではキャビネット単位、パネル単位、ドライバー単位、ドット単位と様々な発色補正ができる。レンタル用はドット単位で補正ができる商品を選ぶ必要がある。レンタル商品は毎回大きさが異なりキャビネットの位置が変更される為、どこの場所でも同じ発色ができるよう調整する必要があるからだ。
お問い合わせ  LED販売  LEDレンタル
  
 
●レンタル用付属品

レンタル用ディスプレイでは短い時間で組立と撤収ができる商品が必要である。この為接続部分や重量などが重要となる。ケーブルも同軸に電源や信号が入って短縮に努めているメーカーもある。
又付属金具も重要で展示会などの小規模映像もできるよう自立金具のあるメーカーを選択する必要がある。自立の度にトラスが必要な機種はコストもかかってしまうので注意が必要である。
お問い合わせ  LED販売  LEDレンタル

●コントローラー/プロセッサー

動画を制御するコントローラーには数万〜数百万まである。
中国製は数万の商品が中心だが、映像コントロールや処理速度など
用途に合わせて選択する必要がある。
LIVEコンサートやスポーツ競技場では高速処理も重要である。
横長やバナー広告、特殊表示には専用に開発する必要もある。
又2重化やバックアップなど考慮し価格含め選択も必要である。
ITメディア社では、Uniluminと共同で日本製4kコントローラーの開発をしている。
お問い合わせ  LED販売  LEDレンタル
★ メールお問い合わせ TEL:042-302-6699. 
HOME
Copyright (C) 2016 ITmediasha,Inc. All Rights Reserved